ファクタリング比較のポイントは手数料

ローンを利用するときは何よりも実質年率にこだわるという方が多く、これは金利がそのまま手数料に反映されるからです。例えばキャッシングの手数料にはATMの利用、口座振込、繰り上げ返済などによるものがありますが、利息はこれらを超える最も大きな手数料となっています。


ファクタリングを比較するときの最大のポイントは手数料にありますので、少なくとも10社以上とは比較して低利率のところを選択してください。

おすすめのファクタリングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

どこの会社を選ぶかによって3〜5倍は変わってきますので、ファクタリングは比較することが欠かせません。

ファクタリングの比較ポイントとして重要な手数料ですが、お得に借りるには5%以内を目標にしてみましょう。


そうなると二社間のサービスでは難しくなりますので、選択肢は三社間のサービスとなります。
申込者と売掛先、ファクタリングの三社で交渉することによって、審査の通過率を向上させ、さらに低利率での調達が可能になるわけです。


手数料をチェックするときは上限を調べておく必要があり、例えば5%〜と記載されている場合は上限がわかりません。



上限を把握するためには実際にお問い合わせをしてみるのが得策です。


健全で優良な会社の場合は、WEBサイトに詳細を明記しているはずです。



5〜10%などと表記していれば上限がわかるので安心できますが、5%〜などの表記だとわかりません。ファクタリングを比較するときは、こうした細かい部分にも着目する必要があります。