ファクタリングと手形割引との比較

ファクタリングは売掛債権を資金化する方法として昨今注目されています。

即日のファクタリングの有益な情報を提供します。

この方法では売掛金を引き合いとして資金調達を図る方法になりますが、そうした方法として以前からよく用いられてきたのが手形割引です。

そこで、ファクタリングと手形割引との違いを比較してみたいと思います。

手形は物事に関する権利や権限などを定め、支払いについて指定した日に決めた金額を支払うという約束になります。



手形割引は振り出された約束手形を担保として受ける融資という形態になっています。

つまり、手形割引は融資の一種ということになるのです。

この点はファクタリングとの大きな違いといえ、ファクタリングは債権の買取になりますので、融資とは異なっているのです。



手形割引では融資を申し込む側に責任があり、万が一売掛債権が不渡りになってしまったり、債権元の企業が倒産してしまったら、その債権の回収責任は融資を申し込む側が負うことになるのです。そのため、万が一の時の責任についてはファクタリングと比較するとよりシビアといえます。
それに対して、売掛債権を買取してもらう場合には、手形割引と比較してもそうした責任を負う必要はないのです。
買取をしてしまったら、その先の責任は買取を下側にあるという考え方なので、申し込む方はより気軽にサービスに申し込むことができます。

この点は大きなメリットで、より手軽により便利に資金化を図れるというメリットがあるため利用する人も増えているということなのです。